読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京オリンピックまでに通訳案内士&英検1級

先の見えない中高年主婦が、モチベーション維持のために始めてみました

ソウル・トレイン

私が英語を断続的にでも続けてきたのは、洋楽好きだったからなんだろう。

田舎者だけど、小学高学年でディープパープルや、レインボウを聞き始めた。

ソウル・トレイン、ベストヒットUSAはテレビにかじりついて見ていた。

初めて買ったLPはカーペンターズのLIVE IN JAPAN。

若い時は、洋楽一辺倒だった。

CROSS OVER 11, AMERICAN TOP 40, SONY MUSIC TV...

 

振り返るとその時々で忘れられない曲がたくさんある。昔は明星だか平凡だか、ヒット曲の歌詞がのっていて、Eagles の Hotel California はこれで覚えたもんだった。

ソウルトレインではChic やDonna Summerが大好きで。

Cars の Ric Ocasekが私のどストライクだった頃もあった。Sting も。

落ち込んだ時には、King of pain  を繰り返し聞いたもんだった。

今はYou Tub で殆どなんでも映像付きで聞ける。なんて便利な時代。

 

Ric Ocasek            :  This Side Of Paradise

Fleetwood Mac      :  Dreams

The  style council   :  My ever changing moods.

Womac & Womac  :  Teardrops

Chaka Khan           :  I'm Every Woman  

Crystal Waters       :  Gypsy Woman

お気に入りの曲です

 

で、今のBESTは The 1975 - The Sound  

初めてPRINCEを見た時のように、ぞわっとした。

 

もしかすると、英語の歌をそれっぽく歌うことが一番の望みなのかもしれん。。。