東京オリンピックまでに通訳案内士&英検1級

先の見えない中高年主婦が、モチベーション維持のために始めてみました

その後

なんとかかんとか自転車ガイドの仕事も繁忙期を終え、その後はぼちぼち入っていたけれど、ついに来た!本格的介護生活。

これまでも、更新後要介護2となった義母のデイサービスの送り出しに朝1時間ほど行ったりで週3~5は顔を出す感じにしていたのだが、この1週間毎日病院にお見舞い。

日曜に電話があり、義母が足が痛くて立てないという。見れば腫れてはいない。打ち身かと思ったけど、念のため救急で整形外科の先生がいる病院をあちこち電話をかけて探し、受診したところ、大腿骨骨頭骨折で即入院。痛い言うてたとこと違うやん!

 

翌日と1週間後に仕事が入っていたのだが、幸いにも交代してもらえることとなり、一安心。自分も骨折で入院したことはあるが、義母は認知症の高齢者。どうなることか見当もつかない。

2日めの夕方、自宅での仕事中に病院から2本の電話。まとめると、「ベッド柵を乗り越えて床におり、歩こうとするので、拘束衣を使います」とのこと。

まだあまりずれてないからボルト固定の手術と言われてたのに、手術前にこんなことするから結局人工骨頭になってしまった。おまけに、術後に不穏になり、夜間付き添いすることになってしまった。アルツハイマーなので、「なぜここにいるのか?帰りたい」

「なぜ痛いのか」「トイレに行きたい」「のどがからから」などなどが、仮眠程度で夜中じゅう際限なく繰り返される。

幸い2日ほどで落ち着き、お許しが出たが、しばらく不穏にならないように、なるべく誰かが見舞いにいかなければまずいだろう。

術後2~3週間で退院だが、そのまま自宅で介護は無理。リハビリ病院か老健に転院とのことで、いずれも申し込み→書類審査→面談→決定に2~3週間かかるので、どこにするか早く決めてとの病院側からの催促。

義父も87歳と高齢で、使えないのにスマホに替えるタイプ。体は丈夫だが、認知症検査をぜひとも受けてほしいと思っている。

義父ひとりで付き添い中、勝手に車いすからベッドに移った義母をとめるどころか、再度ベッドから車いすに移るのもただ見ていただけ、感想は「身が軽いから思ったより早く歩けるようになるかも」

いやいや、そうじゃないです!!

転倒や脱臼しなくてよかったけど。。。

人工骨頭なので、しばらく脱臼に気をつけないといけないから、移動は看護士さんにお願いしてねと言ったのに。。。

 

単身赴任のだんなに帰ってきてほしいと思ったのは正直初めてだ。

 

ということで、こんな状態ではガイドの仕事を楽しく続けることは無理だなと。

秋のガイドのアサインはも替をお願いすることとなりました。

しばらくは、英会話の講師だけでいかざるを得ないが、状況がすぐに好転することはないだろう。

仕方ないので、その間は、英検1級とスペイン語検定4級を近くない目標としてめざして、ぼちぼち勉強するかな。。。

どうなることやら。。。

幸せのおすそわけ

昨日のお客様は、若いアメリカ人ご夫妻。奥様妊娠3ヶ月ということで、安全第一!

とにかくゆっくりサイクリング。フレンドリーなご夫妻でした。

お天気もよく、写真が趣味の旦那様はひたすら撮りまくって、満足いただけました。

フィルム式のカメラ愛用者なので、現像後にメール添付で送ってくださるとのことで、メアドを裏に書いた名刺を初めてお渡ししました。

 

今日は定年後のオランダ人のご夫妻。とても感じの良いご夫婦で、3週間の日本滞在とのこと。お金持ちなんだなぁ。

舞妓さんに偶然会えて、結婚式の前撮りの美男美女カップルの写真を撮らせてもらい、神前結婚式のちょうど三々九度と指輪交換を見て・・・とラッキーの連続。

 

ガイディングはまだまだなので、他に喜んでいただける要素があるとめっちゃありがたいです。フレンドリーなお客様だと、話もはずみます。昨日も今日も楽しかったと笑顔で言ってもらえて、昨日は初名刺をお渡しすることができ、今日は小さなお土産を頂きました。

 

こんなラッキーな日ばかりではないだろうけれど、本当に幸せな気持ちになりました。

ありがたいことです。

 

 

 

デビューしました( ̄▽ ̄;)

ボランティアガイド団体は見学に行っただけ、ガイド団体の研修のいくつかには参加したけれど、結局どこの団体にも未加入。送迎もしたことないし、ボランティアガイドの経験もなし。

それでも、桜のシーズン、人手が足りない時期なので、経験なし・実力不足の自分でもデビューすることができました。ちょうど教室も春休み、半日の自転車ツアーのガイドを10回無事終了して、本当にほっとしています。

バスやFYTでしたっけ、とにかく他のタイプのガイドさんと比べると、短時間だし、行くとこ決まってるし、何より自転車こいでる間しゃべらなくていい。。。

 

それでも、自分にとっては、この2か月しんどかったです(-_-;)

不安で眠れなかったり、胃が痛くなったり、スクリプトがなかなか覚えられなかったり、ボイスレコーダーで自分の声を聴いて幻滅したり。。。

 

でも、おかげさまで事故・ケガもなく、迷子も出さず、天気と美しい桜に恵まれ、気持ちよくサイクリングでき、それだけでも満足されるお客様ばかり。チップやイースターだからとエッグスタンドのプレゼントを頂いたりという思いがけないごほうびも頂けて、本当にラッキーでした。

 

もとが団体旅行が苦手なので、バスガイド無理だし、おもてなしタイプでもなく、普段から社交的な人間でもない自分。

介護と教室があるので、これから先どうなるかわからないけれど、やってみて良かったです。自分がガイドに向いているかどうかはよくわからないけれど、これからまた勉強しつつ、方向性をさぐっていきたいと思います。

デビュー予定

認知症の義母の介護とか仕事のこともあるし、実力ないし、どこの団体にもまだ入ってないし。。。もうこのまま一生ガイドの仕事なんてする日は来ないかも・・・と思っていたけれど、春にデビューすることになりました。

 

結局、小心者なので色々悩んでばかりで、そのうち悩むのが面倒くさくなってきて、たいしてお金にならなくても、とりあえずそれなりに自分にとってメリットのある初心者OKの仕事にたまたま巡り合ったので、清水の舞台から飛び降りたわけです。

京都だけに。。

 

春までに、いろんなことをなんとかしなければなりません。(◎_◎;)

Cool Kyoto Walking Tour

ネットで見つけたツアー、行ってみようかなと思い、英会話サークルの先生に相談したら、なんという偶然!ガイド仲間で申し込んでいるとのこと。

早速申し込み、当日わくわくしながらいざ京都へ。

Pitapa がなんかよくわからないけど使えない状態になってしまったとか、人身事故で遅れてるとか幸先のよくないことが起こりつつも、無事に集合場所に到着。

予約の外人さんはNo Showで現れず、全員ガイドという予想もしない展開に。。

(私などは運よく通っただけの、ガイドというのもおこがましい、実力なさすぎなのだが。。)

 

ま、とにかく楽しかった!

動画である程度内容わかっていたけど、居合いのショーなんて参加するの初めてで、持たされた大根がスパッと三つに切れたときには「お~っ!」と声をあげてしまいました。

お腹にのせたのは、たまたま通りかかったフランス人カップルのちょっと恰幅よい女のひと。無事に大根真っ二つ、すでに空中で切られていたリンゴをきれいな水で洗い、みんなで分けて食べました。蒸し暑い昼ひなかの京都で食べたリンゴ、美味しかったぁ。。

色んな京都の魅力を詰め込んだ街歩きツアーに御所という有名どころも入って、おいなりさん、パン、冷や奴、からあげ、お寿司と普段の食べ物ながら美味しい一品を、歩きながらまたは店先のベンチで腰かけて頂き、お腹も満ちる。緞通・漆器といったおしゃれな超高級品から、昔ながらの下駄屋さん・酒屋さんでお話を伺ったり、お店の看板猫・亀・犬に癒されたりと、超盛りだくさん・・・Cool というより Heart Warming なツアーでした。

f:id:anko-dainagon:20170709081914j:plain

 

Joke やら、ガイドする上でのアドバイスなども教えて頂き、研修のようでした。

現役最高齢のジョー岡田さん、いつまでもお元気で~

f:id:anko-dainagon:20170709081931j:plain

と、ここまではいいんだけど、終了間際に雨が降り出し、シャワーのような豪雨。仕方なく駅までタクシー、電車に乗ったら座席に座れず、やっと帰ってきたと思ったら、切符がない!2回ほどかばんをひっくり返して探してみたけれど、見つからない。。。

「今回だけですからね!」と駅員さんに釘をさされつつそのまま通してもらえて、ほんとにありがとうございます。家に帰ってご飯の支度をして、ほっと一息ついてたら、あ、扇子がない!恥を忍びつつ駅に行ったら、「構内に切符落ちてました」と先ほどの駅員さん。まぁ、扇子くらいいいか。。。

 

ほんとにセンスのない話で。。。

 

 

 

 

進展なしだが

英会話サークルの先生がまわりのすすめで、バス添乗を一旦は受けたのだけど、色々考えて結局は断ったと聞いた。英検1級ももちろんお持ちで、流暢に話されるし、品があり気遣いもすばらしい仕事は絶対できる方。家で教える仕事とか家庭のこととか色々考えられての決断だったのだろう。先生には、ハイクラス向けのゆったりとしたガイドの方があっていそう。

私も数は少なくとも生徒さんがいるし、介護生活がほぼ決定的となりつつある現在、ガイドを仕事にすることは、土砂崩れによる道路分断で孤立状態となったイメージとでも言いましょうか。。でも、長い人生色々あるし、ずーっと同じ状況ということもない。どうせもともと老後の趣味と思って始めたのだから、道が開けるときが来るのを信じて、亀だろうがなんだろうができることをやっていきましょうと自分に言い聞かせる。

 

で、久しぶりに関西広域連合通訳案内士情報をチェックしたら、掲載されているではありませんか。申請から掲載まで結構時間がかかるのだなと思ったけど、個人情報はもうちょっと考えて書けばよかったか。まぁ、おばはんなので特にどうということもないだろう。

 

あと、DMMもあと1週間で1か月間が終了なので、またキャンセルしなくては。

ほんとは続けた方が良いのはわかっているし、自分のレベルが低いのもわかっているが、なんだか外国人に対する劣等感的なものが少し解消されてきたのか、あまり気負わず楽しくはできるようになったのだが、もういいかなという気がしてきた。

ま、ケチなので、もちろん最後まで毎日やりますが。

 

スペイン語は、DUOLINGOはたまに忘れるけど続けていて、BBCのMI VIDA LOCAとラジオのスペイン語講座入門編をたまに視聴している。あまり覚えようとか特に意識せずにやっているのでペースは速くないけど、無理なく続いている感じ。来年くらいには、確認の意味でスペイン語検定(下の方)を受検しようと思う。

停滞

英会話サークルの先生は、通訳案内士の仕事を少しずつされている。

人脈はものを言う。自分から出しゃばらずとも、その実力と人望で、周りから自然と引き立てられるのだ。

 

子育てが終わると思ったら、介護生活がもう目前…な状況は同じだが、人間的にも英語の実力的にも、私はまったく足元にも及ばない。

が、比較しても仕方ないし、私は私で地道にやっていきましょうと言い聞かせる。

 

英会話は相変わらず苦手なのだが、さすがに昔に比べればずいぶんマシになったものだ。通訳案内士2次前の1か月集中DMMを終了してから半年、また1か月だけやってみようと思いたった。

BBC の Toward Advanced はなんとか終了し、English You Need を始めたところ。

Fruitful English の無料問題と Duolingo スペイン語 は毎日やってもたいして時間はかからない。ただのゲームのようなものだが、その分続けやすい。

 

英語を本気で始めてから3年目だが、自分でも発音が良くなったし、音読が早くなった。いや、何より外国人コンプレックスがずいぶんマシになった。

黙読はついつい頭の中で音読してしまって遅くなることが多い。DMM1か月やった後、「読む」・「書く」をもうちょっとやろうと思う。ここがもう少し改善しないと、1級は見えてこないだろう。

 

スペイン語は若い時に始めておけば、きっともっと早く上達したんだろう。けれど、マドリードOPENのナダルの試合を見ていて、わずかながらでもスペイン語が聞き取れるとうれしかったりする。このくらいで素直に喜べるんだから、今で良かったのかもしれない。

6月の5日間の新人研修は、なんだかんだ同時期に予定が入ってしまって、今年はあきらめようかと思っている。